私から、古澤へ送ったメール

 

 

彼は、彼が起こした捏造裁判で、私が幹細胞移植治療の技術などを保有していないのに、古澤千満樹に対してライセンス契約をさせた。と、言ってきました。

しかし、実際には、このメールにあるように、私は、かれに患者のツアーを早く企画するようにと勧めていましたが、彼自身が、ツアーの企画を作れなかったのです。

 

最初は、航空会社で働いているのでメディアカル・ツーリズムには自信があると言っていた古澤でしたが、実際にライセンス契約を締結しても、口先だけで、

全く、ツーリストの募集ができない彼の状況に、ショックを受けたのは、私の方です。

 

又、この捏造された裁判の中では、『アメリカで会社も作らなかった。』と堂々と嘘を口にしていますが、このメールにあるように、彼は、会社を設立しています。会社が設立しているのかどうかという簡単な問題は、アメリカのガバメントですぐに調べられるのに?なぜ?彼が、このような偽りを口にするのか?そして、その後ろに神戸先端医療振興財団の影が見え隠れしていたのは、なぜなのか?まさに捏造裁判でした。