証拠録音テープ 

古澤千満樹の陳述書の嘘

右の録音テープは、2007年12月24日の臨時取締役会議の録音テープです。このテープの58秒から古澤千満樹(オウズ・メメット)の声が入っています。
​この日の録音テープの詳しい内容は、録音テープ 取締役会議をご確認ください。
 
 
古澤千満樹は、取締役就任承諾書に署名し、2007年12月13日の株主総会で正式に取締役に就任していながら、私と主人を訴えた裁判において<私は、取締役に就任していない。>という嘘の陳述をしました。ここまで、多数の証拠・承認(ジャフコやソフトバンク・インベストメンツなどの株主)がいるというのに、それでも、嘘の陳述をしなくてはいけなかった理由とは?何なのでしょうか?こんな嘘をついてまでも、私と主人の訴訟をしなくてはいけなかった理由は、何なのでしょうか?
この裁判のどさくさに紛れて、勢いを増した理化学研究所のダグラス・シップと京都大学、そして防衛大学病院の、私と主人への誹謗中傷!同時期に、開始された、同じ弁護士(笠原基広)による実行された特許の乗っ取り詐欺とアルブラスト社の破産申請。魑魅魍魎の世界の細胞移植治療の世界。