右のメールは、2008年の2月に、私が新社長に対して書いたメールです。
2007年12月13日に、論文捏造詐欺の事実を、中島憲三にかるく追及した途端に、中島憲三は、代表印の引継ぎを拒みました。
その為、私達は、本当に困った状態になりました。
私は、この事実を、野村証券系の投資会社でありステムセルサイエンス社の大株主であったジャフコの本社まで出向き、専務に代表印について返還請求をしている。と説明に言ったほどでした。
代表印が無い為に、私達は、以下の事ができませんでした。
1、株式名簿の変更。
2、代表取締役の変更。
3、取締役の変更。
4、監査役の変更。
5、本社所在地の変更。
6、M&Aなどの契約書の作成。
​7、家賃の支払い。