中島佳子からの脅迫メール

このメールは、中島佳子から、脅迫の電話がかかってきた同じ12月26日の日に送られてきたメールになります。

この中で、明確に、『先ほどもお話ししましたように警察に通報するのは賢い方法とは思えません。

このままでは、息子さんの事が心配です。神戸を敵に回すのは感心しません。』と、脅迫しています。

この2日後、警察に通報する予定であった12月28日に、息子は、防衛大学病院で、頭にビニール袋を被せられて呼吸停止⇒心臓停止⇒蘇生⇒植物人間状態⇒約20時間の治療放置⇒脳幹ダメージ⇒人工呼吸器装着

中島佳子は、このメールの前にかかってきた電話で『防衛医科大学校病院などの国立系の病院の医師は神戸(先端医療振興財団)に逆らえない。』とも言っていました。